ファンド・投資信託とは?

投資信託とは、私たちのような個人投資家などから集めた資金をひとつのファンド(基金)としてまとめて、その資金によって株などに投資する金融商品のことです。
字の通り、投資を「信頼して託す」という投資方法です。
個人では買えないような株でもファンドならば扱えるようになり、より大きな利益を生むことが出来ます。
また出資する側も少額で済みますのでリスクも少なくなりますね。

 

最近は投資信託によって一般の個人が投資する投資信託商品が人気です。
少ない資金で投資に参加することが出来ます。

 

証券会社以外でもこういった資金の運用方法をしているケースは沢山あります。
例えば保険会社などでは加入者から受け取った保険料を元手にし不動産を持ち、家賃による収入を得たり、銀行などでは顧客の預金を利用しローンなどの商品を提供し利益を得ています。
もちろんそうして得た利益は保険金や預金の利子といった形で還元されています。

 

投資信託のメリット

投資信託は私たち個人投資家にとって様々なメリットがあります。

 

・投資資金が少額で済む
何といっても少額からでも投資出来るのは魅力的です。
1000円程度からのプランも数多くあり、手持ちの資金が少ない人でも投資に参加することが出来ます。

 

・分散投資が出来る
投資信託を利用することで数多くの銘柄に資金を分散することが出来ます。
個人で1銘柄だけを所有している場合ですと、その1社が倒産したり株価が急落してしまうと全てお終いですよね。
投資信託ではそういったリスクを軽減することが出来るのです。

 

・専門家に任せることが出来る
投資信託では資金を運用するにあたっての投資先は、プロによって選ばれることになります。
自分であれこれと頭を悩ませる必要がないのです。
もちろん投資ですのでプロといっても絶対ではありませんが、一般の素人が選ぶよりははるかに信頼性が高くなります。

 

・投資先が広がる
投資信託を利用すれば、日本国内では購入出来ないような銘柄も選ぶことが出来ます。
世界の市場に参加することが出来るのです。

 

投資信託のデメリット

投資信託におけるデメリットについても知っておきましょう。

 

・コストがかかる
投資を信託していますので、当然報酬が発生します。
これを信託報酬を呼びますが、通常は0〜1%程度です。
また販売手数料も0〜3%程度かかります。

 

・リターンが少ない場合がある
投資額も少なくて済みますが、当然利益も分配されますので個人で売買するよりもリターンは少なくなるでしょう。
投資信託でリスクの少なさを取るか、個人売買で利益の多さを取るかといった選択になるでしょう。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?