経験者の教える株の極意が知りたい!

株の世界に”絶対”というマニュアルが無いことは分かっていますが、それでも何か目安になるものがあると参考になりますよね。
実際に株の取り引きで成功を経験している人が沢山います。
もちろん皆さんが最初から利益をあげられた訳ではないでしょう。
様々な経験から自分なりのテクニックを身に付けてきたのです。
そういった生の意見を参考にして、自分なりの投資スタイルを見付け出しましょう。

 

以下は実際の経験者による株の極意です。
それぞれメリット・デメリットもありますので、あくまで参考にしてみると良いでしょう。

 

・買ったら売る、売ったら買う
単純に見えますが、中々実行出来ない人も多い極意です。
売って利益が出た時点で次のターゲットを定めて買う。
このシンプルな繰り返しが大きな利益へとつながっていくのでしょう。
日々戦いですね。

 

・1日の利益額を決めておく
例えば「1日何万円の利益まで」と決めておき、それ以上は追いかけないという人も多いです。
とかく儲けが続くと「もっと!」と考えてしまいがちですが、深追いは大きなリスクを伴います。
特にデイトレーダーの人は、必ず1日で利益を完結させている人が多いようです。
さらに中長期の投資も併せて総合的な利益をあげている人も多いです。
利益の上限もですが、損切りをしっかりとすることも大切ですね。

 

・極意なんてものは無い!
こういう人も多いです。
実際株の世界で「確実」なことなど何もありません。
毎日の情報収集や分析の積み重ねが大事なのですね。
やはり地道な努力が何よりも勝るということではないでしょうか。

 

・空売りを極める
初心者にはちょっとリスクもありますのでおすすめしませんが、空売りで利益を重ねている場合です。
信用取引の場合、自分の持ってない株を証券会社から借りて売り、株価が下がってから買い戻す、という方法で利益をあげることが出来ます。
これは「株価が下がりそう」という銘柄に対して有効なのですが、「上がりそうな株」より「下がりそうな株」を見付ける方が確率的には高いでしょう。
例えば夕方や夜に大きなネガティヴニュースがあれば、株価が下がることは多いです。
確実ではないですが、高確率という極意ですね。

 

・とにかくニュースをチェックする
実際の企業の動きはダイレクトに株価に反映してきます。
例えば大ヒット商品が生まれればその企業の株価は上がります。
自分の得意な分野がある人は、関連するニュースにとにかく目を通すと、明日のヒット商品が見えてくるかもしれませんね。
ただし現在のようにネットが発達し情報が溢れている社会では、その中からどういった情報を選択するかが大事になってきます。
証券会社の提供するツールやニュースなどの情報は、特に株価の変動に影響のあるものが厳選されていますので、有意義に活用することをおすすめします。

 

自分なりの極意を見付けよう

ひとくちに株の売買といっても、人それぞれ投資のスタイルが違います。
毎日細かく株価をチェック出来る人もいれば、本業の片手間に株を買いたいという人いるでしょう。
株の極意とはその人なりに見付けていくのが最善だと思います。
まずは少額の投資から初めて、株の売買に慣れることから始めましょう!
いつかあなたが、株の先輩として誰かにアドバイスする日が来るかもしれませんよ。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?