株は1株でも購入する事は出来る?

「株を買ってみたい!」と思ったきっかけとして、「有名な企業の株価が意外に安かったから」という人も多いのではないでしょうか。
日経平均株価も8000円前後〜1万円程度を推移していますので、「1株だったら自分でも買える!」と思うことも多いでしょう。

 

しかし株を購入するにはルールがあります。
株には銘柄によって「単元株数」というものが決められています。
これは「この株は最低○○株から買って下さい」という決まりを示しています。
だいたい通常の企業の銘柄ですと、100株が単元株数になっているところが多いでしょう。
この場合株価が2500円だとすると、100株分=25万円から購入することが出来る、ということなのです。
さらに大企業などの場合は1000株以上の単元株数のところも多くなっています。

 

つまり、単元株数が1株の銘柄であれば、1株だけ購入することも出来る、という訳なのです。
よく知られているところでは、スターバックスコーヒージャパンは単元株数が1株ですので、1株からでも購入することが出来ます。

 

ちなみに現在の業界的には、この単元株数を”100株で統一しよう”という流れになっています。
2014年4月を目処に「単元株数100株」へ向けて進んでいます。

 

単元株数100株の銘柄でも1株から買える方法

やはり人気の銘柄は株価もそれなりに高いですので、単元株数が100株以上ですと資金も多額に必要になってしまいます。
「あの会社の株が買いたかったのに全然元手が足りない・・・」そんな悔しい思いをしている人もいらっしゃるでしょう。
そこで活用したいのが各証券会社で用意している初めての方向け「ミニ株」「プチ株」といった制度です。
こういったサービスでは単元株数の多い銘柄でも1株から買えたり、単元株数の10分の1の単位で購入することが出来るのです。
ネット通販の「共同購入」のようなものと考えると分かりやすいかもしれませんね。

 

・カブドットコム証券「プチ株」
マネックス証券「ワン株」
・SBI証券「S株」
辺りは初心者にもおすすめのサービスです。

 

ただし、こういったサービスでは初期費用が少なくて済むメリットはありますが、リターンも少なくなるというデメリットがあります。
株の購入には手数料もかかりますので、あまりに少ない投資金額ですと、ほとんどリターンが無くなることもあります。
それでも株主優待などは受けられる場合が多いですので、手始めに「株を楽しむ」という使い方には最適でしょう。
リターンが少ないということはリスクも少ないというメリットにもつながりますね。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?