プチ株・ミニ株って何?

最近は一般の会社員や主婦、学生さんであっても株の取り引きを始めている人が多くなっています。
いわゆる「投資家」と呼ばれる人のように多額の資金を使ってガンガン売り買いしている訳ではなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎ、または株主になることで様々な特典が受けられる”株主優待”を目当てにした投資といったスタンスの方が多いようです。
副業やアルバイトのように多くの手間や時間を割く必要もなく、手軽に出来る副収入といったところに人気があるようです。

 

しかし「株の売買って結構な資金が無いと出来ないのでは?」と思う人も多いでしょう。
そこで証券会社が提供しているのが「プチ株・ミニ株」といったサービスプランなのです。

 

株の売買では、銘柄ごとに購入出来る株数の単位が決められています。
これを単元株数と呼びますが、大手企業や人気の安定企業などでは100株〜1000株からでないと購入出来ない場合が多いのです。
こういった人気の企業の株を証券会社でまとめて購入することで、個人では1株からでも買えるようにしたサービスが「プチ株・ミニ株」といったプランなのです。

 

ちなみにプチ株というのはカブドットコム証券で提供しているプランの名前です。
こういったプランは各証券会社によって呼び名も違いますし、細かいルールなどが変わってきます。
単元株数が多い銘柄を1株から買えたり、単元株数の10分1、100分の1といった株数から買えるプランになっています。

 

各証券会社ごとのプラン

マネックス証券「ワン株」
単元株数にかかわらず1株から購入出来たり、1万円ずつ複数の銘柄を購入するといった投資の仕方が出来ます。
お目当ての銘柄を少しづつ買い足していくというようなことも可能です。

 

・SBI証券「S株」
SBI証券のS株はミニ株などと違い、1日に2度のタイミングで取り引きすることが可能です。
より売買の自由度が高くなるのが魅力です。

 

・カブドットコム証券「プチ株」
単元株数の100分の1の株数から購入することが出来ます。
取り扱い銘柄も3200銘柄と日本最大級の数を誇っています。

 

プチ株・ミニ株のメリット

株の世界に「絶対に儲かる」という保証は一切ありません。
これは、実際に株の取り引きをしている人なら必ず実感している事実です。
安定株と思われていた銘柄が1日にして大暴落するようなことも日常茶飯事です。
素人でも分かりやすい例といえば、2011からの東京電力の株価の動きを見ると納得出来るでしょう。

 

いつ何が起こるか分からない株式市場ですので、リスクを抑えるという意識は重要です。
特に始めたばかりの頃はあまり多額の投資はおすすめ出来ません。
そこでプチ株・ミニ株といったシステムを利用し、株の売買に慣れることが一番堅実なのではないかと思います。
自分が自由に出来るお金、損をしてもあきらめられる金額から始めるのが安全です。
また、意外と株の売買には才能が必要です。
特に働いたことのない主婦や学生であってもお小遣い以上の利益をあげることが出来る世界です。
プチ株やミニ株といったリスクの少ない投資で、自分の投資家としての才能を試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?