株の手数料ってどんなもの?

株の売買を行うためにはどういった費用が必要になるのでしょう。

 

まず、株を買うには必ず証券会社を通して買う必要があります。
これは株を売る時も同じです。
こういった株の売買をする時には、証券会社に手数料を支払う必要があるのです。
正式には「株式売買委託手数料」と呼ばれます。
以前は一定の手数料でしたが、1999年に自由化されたことにより、証券会社によって手数料の価格に違いが出るようになりました。
扱う金額や回数によっても手数料の金額は違ってきますので、自分の投資スタイルに合った手数料プランを選ぶことが大切です。
また、最近ではインターネットを利用した株取引が主流になってきています。
同じ証券会社でも店頭での売買より、ネットでの売買の方が手数料が安い場合が多いですので、より低コストでの株の売買がしたいのであればネット証券の方がおすすめです。

 

また証券会社に口座を開く(=株の売買が出来るようにする)と、口座維持費がかかるところもあります。
口座の開設自体はたいてい無料ですが、維持費に関しても確認しておきましょう。

 

さらに株の売買や配当には税金がかかります。
税金に関しては証券会社で詳細に確認することをおすすめします。

 

手数料の種類について

株の売買の手数料には、株を売買する度に手数料がかかるプラン(約定ごとプラン)と、1日ごとの定額プランとがあります。
あまり頻繁に売り買いしない人はその都度手数料を払った方が良いでしょう。
逆に1日に何度も売り買いするような投資スタイルの場合は、定額プランを選んだ方がお得なことが多いです。

 

証券会社で株を買う場合とインターネットで買う場合の手数料の違い

「株を買う」というと証券会社の窓口で買うことを思い浮かべる人もいるでしょう。
しかし手数料に関しては、圧倒的にインターネットを利用して購入した方が安く済みます。
例えばある証券会社で300万円分の株を買ったとします。
窓口で購入した場合は2万円から3万円程度の手数料がかかります。
しかしインターネットを通じて購入すると、手数料は数千円程度で済んでしまいます。
何故こんなに違いがあるかというと、窓口で購入する場合の手数料には、担当者によるアドバイスや情報提供といったサービスや、店舗維持費や人件費といったものが上乗せされているからなのです。
インターネットの場合ですとこういった費用がかからないため、より安い手数料で購入することが出来るのです。
ただし投資に必要な情報はツールなどで提供されますので、売買は全て自分で判断するという違いがあることになります。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?