東証一部とか二部って何のこと?

よく株の話題やニュースで、「東証一部」とか「東証二部」という言葉が出てきますよね。
株のことは何も分からない人にとってみれば、「一体何なの?会社の名前?」というほどに馴染みが無いかもしれません。
東証一部とか二部というのは、株を取り引きする市場の呼び名のことなのです。
東証というのは東京証券取引所の略で、一部・二部というのはその中での区分のことなのです。

 

日本国内の証券取引所と証券市場

現在日本国内にある証券取引所です。
ここで実際の株式の売買が行われています。

 

○三大証券取引所
・東京証券取引所
東証と呼ばれます。
東証一部と二部があります。
・大阪証券取引所
大証と呼ばれます。
大証一部と二部があります。
・名古屋証券取引所
名証と呼ばれます。
名証一部と二部があります。

 

○地方取引所
・福岡証券取引所
福証と呼ばれます。
・札幌証券取引所
札証と呼ばれます。

 

以下はその他の、株式が売買出来る市場です。

 

○新興取引所
・TOKYO AIM取引所
プロ投資家向け市場です。

 

○証券市場
・ジャスダック
・マザーズ
・セントレックス
・Q-Board
・アンビシャス

 

○施設取引所(PTS)
・SBIジャパンネクスト証券
・チャイエックス・ジャパン

 

取引所・市場による違い

こういった取引所や市場で株式が売買出来るようになることを「上場する」といいます。
それぞれの取引所によって上場できる基準が違ってきます。
東証一部は一番基準が厳しく、一流の企業と認められないと上場出来ないとされています。
取引所の規模は時価総額や売買代金といったことから格付けされます。

 

したがって東証一部には大企業や歴史のある企業が多く、比較的安定した銘柄が多いといえるかもしれません。
一方上場の基準がそれほど厳しくないジャスダックやマザーズといった市場には、新興企業や小規模の企業が多くなっています。
株価の変動が激しいものも多く、リスクはありますが大きなリターンを生むこともあります。

 

証券取引所の存在意義

証券取引所は株式の売買をしやすくし、公正な価格形成をするために役立っています。
実際には私たち個人が証券取引所で売買する訳ではなく、証券会社を通して売買します。
以前は投資家が市場を選んでいましたが、最近は証券会社が市場ごとの売買状況などを判断して優先市場で売買するのが主流となっています。

 

証券取引所で身振り手振りの合図をしている人は何をしているの?

さて証券取引所の様子などをニュース映像などで見た人は、そこで働いている人たちがしきりに身振り手振りで合図を送っているのに気付いたことでしょう。
いったいあれは何をしているんでしょうか?
実は、あの人たちはあの手による合図(手サインと呼ばれています)によって、「どの銘柄を、いくらで、どの位の量、売るのか買うのか」ということを伝えているのです。
いやぁ、凄いですね。
他にも「食事に出る」といったようなメッセージを伝えることもあるそうです。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?