サラリーマンや忙しい人には中長期トレードがおすすめ

株の売買というとどんなイメージがあるでしょうか?
昼の間ずっと変動し続ける株価を追いながら、ひたすら売りや買いを繰り返す、そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。
証券市場が開いているのは昼間だけですから、日中家にいられなかったり時間の取れない人には無理なのではないかと思ってしまいますよね。

 

でも、実際には株の取り引きにはもっと多様な方法があるのです。
特に日頃働いている人のトレード法として人気なのが、「中長期トレード」です。
中長期トレードはある程度の長い期間での株価をチェックし売り買いする方法です。
安定した銘柄を選ぶことで確実な利益を得るのにも向いていますし、気に入った企業に投資するという株本来の意味合いにもピッタリとする運用方法です。
この方法であれば毎日株価とにらめっこする必要もありませんので、日中忙しい人でも株の売買が可能ですね。

 

中長期トレードに向いている証券会社は?

ではどういった証券会社が中長期トレードに最適なのでしょう。
まず、手数料が安いことは第一条件です。
特に中長期のトレードの場合、取り引き金額が大きくなることも多いので、様々な価格帯でも手数料が安いところを選ぶようにしましょう。
最近大幅に手数料を下げたマネックス証券などおすすめですよ。

 

さらにトレードツールの充実度もポイントになってきます。
様々な条件をあらかじめ指定しておくことで、自動的に取り引き出来るようなツールもあります。
また、携帯やスマートフォンからでも取り引き出来る機能はあった方が良いでしょう。
平日の昼間全く家にいない人であっても、充分な株の売買をすることが出来ますよ。

 

中長期トレードについて

日中随時株の売買を繰り返す短期トレードに対して、数週間や数ヶ月、数年といった長いスパンで株の取り引きをする中長期トレード。
何といってもメリットは「その会社に投資している」という充実感が味わえることでしょう。
そもそも株とは、その会社の経営に投資をすることが本来の目的です。
投資をすることでその会社がさらに大きくなっていき、その結果として配当などを多く受けられることとなるのです。

 

また、短期トレードの場合、日々の株価の変動、もっといえば分単位の変動にも気を使わなくてはなりません。
日中充分な時間がある人でないと難しいですし、精神的負担もかなりのものです。
中長期トレードならば日々のちょっとした変動に気を病む必要も無いのです。

 

 

【人気記事】 ※株ってどうやって買うの?